ホテル内だからできる大人のスポーツクラブ

TEL: 045-472-2511 お問い合わせはこちら

会員規約

第1条(適用)

本規約は、「Beスポーツ横浜」(以下「本クラブ」といい、本クラブの施設を「本施設」といいます。)の会員、会員であった方、本クラブに入会しようとする方及び施設利用者に対して適用します。

第2条(目的)

本クラブは、本施設の利用によって、会員の健康及び美容の維持、増進を図ることを目的とします。

第3条(会員制度等)

  • 1.本クラブは会員制とします。
  • 2.本クラブに入会を希望される方は、本規約に基づく入会契約を本クラブと締結するものとします。
    本規約及び入会契約は、当該会員について、当該会員が会員として在籍する期間において(ただし、退会後も本規約又は入会契約が定める範囲において)有効とします。
  • 3.会員は、入会する際に本クラブで定める会員種別を選択し、当該種別所定の利用範囲に応じて諸施設を利用することができます。
  • 4.本クラブは、会員の種別及びその内容を設定し、又は変更し、若しくは廃止することがあります。

第4条(会員資格)

  • ①本規約、入会契約及び本クラブが定める諸規程(以下、総称して「本規約等」といいます。)を遵守すること
  • ②本クラブで定めた年齢以上であること
  • ③暴力団又は反社会的な組織の関係者でないこと
  • ④刺青(ファッションタトゥーを含みます。)がないこと。ただし、本クラブが定める方法によって刺青を見えなくする措置をとったときを除きます。
  • ⑤心臓病(ペースメーカーを装着している方を含みます。)、高血圧症、精神病及びこれに類する疾患であって、本クラブが提供するサービスの利用ができないものに罹患していないこと
  • ⑥感染症及び感染性のある皮膚病に罹患していないこと
  • ⑦一時的な筋肉の痙攣や、意識の喪失などの症状を招く疾病に罹患していないこと
  • ⑧妊娠していないこと。ただし、本クラブが提供するサービスの利用が可能な方は除きます。
  • ⑨前4号のほか、医師により運動又は本クラブが提供するサービスの利用を禁じられていないこと
  • ⑩スポーツクラブ等、会員制の団体より除名等の処分を受けたことがないこと

第5条(入会手続)

本クラブに入会しようとする方が、本クラブ所定の入会申込書により手続きを行い、それに伴う本クラブの入会承認を得たうえで、所定の費用の払い込みを本クラブが確認した時に、会員となります。

第6条(入会金・諸会費)

  • 1.入会金及び月会費、オプション料、レンタル料、レッスン料、トレーニング料(以下総称して「諸会費」といいます。)の額は本クラブが別に定めます。
  • 2.諸会費は、会員が本クラブの施設等を利用する権利及び会員資格を維持する権利を取得・保持するために支払うものであり、所定の期日までに納入していただきます。

第7条(諸会費の決済)

  • 1.会員は、本クラブ利用にあたり本クラブが定める金額の諸会費を、口座振替の方法によって本クラブが定める日までに支払うものとします。送金手数料は、会員の負担とします。
  • 2.会員は、施設利用の有無にかかわらず、在籍する限りは所定の諸会費を支払わなくてはなりません。
  • 3.諸会費は、月単位で生じるものとします。
  • 4.本クラブは、諸会費を支払っていない会員に対して、支払済みまでのあいだ、本クラブの全部又は一部の施設の利用を差し止めることができるものとします。

第8条(会員証)

  • 1.本クラブは、会員に対し、会員証を発行します。会員証は、貸与とします。
  • 2.会員は、本クラブの利用に際し、会員証を提示しなくてはなりません。
  • 3.会員証は、本人のみが使用することができ、本人以外の者は使用できません。
  • 4.会員は、会員証を紛失した場合は、速やかに再発行の手続き(有料)をしなければなりません。
  • 5.会員は、会員資格を喪失した場合は、速やかに会員証を返却しなければなりません。

第9条(施設の利用)

会員は、別途定める会員種別ごとの内容でのみ本クラブを利用することができるものとします。なお、自らの種別以外の内容で本クラブを利用する場合は別途料金を支払うものとします。

第10条(ビジター)

  • 1.会員以外の方で、本クラブが適当と認めた方(以下、総称して「ビジター」といいます。)は、以下の条件をすべて満たす場合に限り、店舗施設を利用することができます。
    ①第4条に定めるすべての事項
    ②本クラブ利用に際し、別に定めるビジター利用料をお支払いいただいた方
  • 2.ビジターには、本規約を準用します。この場合、本規約中「会員」とあるのは「ビジター」と読み替えるものとします。

第11条(利用の方法)

施設利用者は、施設へ入館・入室するとき、及び退館・退室するときに、本クラブ所定の手続きを行い、また本施設の利用にあたり、本クラブの指導員又は従業員の指示があったときはそれに従わなければなりません。

第12条(利用可能日時)

本クラブ施設の利用可能な日時は、本クラブが別途定める営業日・営業時間とします。

第13条(禁止行為)

施設利用者は、施設内で次の各号に該当する行為をしてはなりません。

  • ① 第三者や施設スタッフ、本クラブへの誹謗中傷
  • ②第三者や施設スタッフを殴打したり、身体を押したり、拘束する等の暴力行為
  • ③第三者や施設スタッフに物を投げる、壊す、叩くなど、恐怖を感じさせる危険な行為
  • ④第三者や施設スタッフを待ち伏せしたり、みだりに話しかける等のストーカー行為
  • ⑤第三者や施設スタッフに対し、大声や奇声を発し、行く手を塞ぐ等の威嚇行為や迷惑行為
  • ⑥本クラブの施設・器具・備品の損壊や落書きや造作、備品の持出し
  • ⑦痴漢、のぞき、露出、唾を吐く等、法令や公序良俗に反する行為
  • ⑧無許可での写真・ビデオ撮影、録音等や、指定場所以外での携帯電話の使用
  • ⑨物品販売や営業行為、金銭の貸借、勧誘行為、政治活動、署名活動
  • ⑩高額な金銭、貴重品の館内への持込み
  • ⑪刃物など危険物の館内への持込み
  • ⑫飲酒、薬物の摂取等により、正常な状態でないまま施設利用する行為
  • ⑫その他、本クラブが会員としてふさわしくないと認める行為

第14条(施設からの退去)

施設利用者は、以下の場合に本クラブの指導員又は従業員より本施設からの退去を求められたときは、それに従わなければなりません。

  • ① 本規約又は本クラブが定める諸規程に違反し、又は違反するおそれのある場合
  • ② 本クラブの施設内における秩序を乱し、又は乱すおそれのある場合
  • ③ その他、本クラブが必要と認めた場合

第15条(本クラブの損害賠償責任)

  • 1.会員が本クラブの利用に際して生じた盗難、傷害その他の事故については、本クラブの責に帰すべき事由による場合を除き、本クラブは、一切損害賠償の責を負いません。
  • 2.会員間に生じたトラブルについては当事者間で解決するものとし、本クラブは、一切その責を負いません。

第16条(会員の損害賠償責任)

会員が本クラブの諸施設の利用中、会員の責に帰すべき事由により本クラブ又は第三者に損害を与えたときは、当該損害に関する責を負うものとします。

第17条(退会)

会員は、次の各号のいずれかに該当する場合、当然に退会します。

  • ① 第20条の自己都合退会等のとき
  • ② 第18条により本クラブを除名されたとき
  • ③ 会員本人が死亡したとき
  • ④ 第4条に定める会員資格を欠いたと本クラブが認定したとき
  • ⑤本クラブが閉鎖されたとき

第18条(除名)

  • 1.会員が次の各号のいずれかに該当する場合、本クラブの判断でその会員を本クラブから除名することがあります。会員は除名された時点で会員の資格を喪失し、入会金、諸会費等に関する一切の金銭の返却はしないものとします。
    ①本規約等に反する行為があった場合
    ②本クラブの名誉若しくは信用を損ねる行為又は秩序を乱す行為があった場合
    ③本クラブの施設等を故意又は重大な過失により損壊した場合
    ④法令に違反する、又は社会通念若しくはマナーに著しく欠ける行為があった場合
    ⑤危険な行為、又は他の会員に対する迷惑行為があった場合
    ⑥その他本クラブの会員としてふさわしくないと本クラブが判断した場合
  • 2.本クラブは、会員を除名した場合、当該会員に告知するものとします。

第19条(休会)

  • 1.会員が自己都合により本クラブを利用できない場合は、毎月10日(応当日が休館の場合は前営業日)までに会員本人が本クラブ指定の休会届を提出することにより、翌月1日を始期として月単位で休会ができるものとします。電話・Webメール・本クラブが規定する書式でない文書での申し出はこれを認められません。
  • 2.休会届を提出した会員は、会員資格の継続のために、本クラブが別に定める金額を支払うこととします。
  • 3.会員は、休会期間中であっても本クラブ指定の書面による手続きにより随時復会することができます。この場合、復会月の会費は月の途中であっても全額支払うものとします。
  • 4.休会期間は最大で3ヶ月間とし、休会最終月の10日までに休会期間の延長を希望する場合は、再度休会届を提出することにより3ヶ月延長が可能とします。(最長、1回の休会につき連続1年間まで)
  • 5.会員種別によっては、休会制度が適用されない場合があります。

第20条(自己都合退会等)

  • 1.会員は、自己都合で退会する場合は、毎月10日(応当日が休館の場合は前営業日)までに本クラブが規定する退会届を提出して退会手続きを完了させたものとし、その場合、当該月末をもって退会とします。 電話・Webメール・本クラブが規定する書式でない文書での申し出はこれを認められません。
  • 2.退会届の提出が第1項所定の期日を過ぎた場合には、翌月末日をもって退会となります。
  • 3.退会月の諸会費は、実際の利用がなくてもこれを全額支払わなければなりません。
  • 4.会員は、自己都合退会手続きが完了するまでの間の諸会費を支払う義務があり、諸会費に未納金がある場合には退会後であっても全て完納するものとします。
  • 5.会員が諸会費を3ヶ月以上滞納し、本クラブから催告を受けたにもかかわらず支払わない場合には、退会とします。

第21条(諸会費の返金)

  • 1.一旦納入いただいた諸会費は、本規約、入会契約若しくは法令の定めがある場合、又は本クラブが認めるやむを得ない理由がある場合を除き、返金いたしません。
  • 2.会員が入会後、第4条に定める入会契約所定の利用開始日以前に入会取り消しの申し出をする場合は、本クラブの定めたキャンセル料を支払うものとし、お支払済み諸会費との差額を返金するものとします。
  • 3.会員が諸会費を複数月前払いしている場合において、その期間中に退会した場合の諸会費返金については、別途定める基準によるものとします。

第22条(会員種別の変更)

会員は、会員種別の変更を希望する場合には、毎月10日(応当日が休館の場合は前営業日)までに本クラブ指定の変更届を提出するものとし、本クラブが認めたときには、翌月1日からの変更となります。 電話・Webメール・本クラブが規定する書式でない文書での申し出はこれを認めません。

第23条(変更事項の届出)

会員は、入会申込書の記載事項に変更があった場合、速やかに本クラブに変更を届け出るものとします。

第24条(店舗の閉鎖・休業)

  • 1.次の各号に該当し施設の利用に支障が生ずる場合には、諸施設の全部若しくは一部の閉鎖、又は休業をすることがあります。
    ①法令が制定・改廃されたことにより、施設の利用に支障が生じたとき
    ②気象災害、その他外因的事由により、その災害が会員に及ぶと判断したとき
    ③施設の増改築、修繕又は点検によりやむを得ないとき
    ④安全を維持できない等クラブが必要と判断した場合
    ⑤経営上必要があると認められたとき
    ⑥その他、法令等に基づく関係官庁からの指導による場合などの重大な事由によりやむを得ないと本クラブが判断したとき
  • 2.休業が予定されている場合は、原則として2週間前までに会員に対しその旨を告知します。 ただし、施設安全管理の面から緊急工事が必要な場合など緊急の事態が発生した場合には、予め告知することなく一部又は全部の施設を休業することとします。
  • 3.本条に基づく休業期間が15日を超えた場合には、当該休業期間の日割相当分の支払済み会費を以後の会費に充当することとします。

第25条(放置物の取扱い)

放置物については、1ヶ月間保管するものとし、その間に受取りが無い場合、会員は一切の権利を放棄したものとし、処分することに異議を述べないものとします。ただし、腐敗等安全衛生上の問題を生じる恐れがある場合、上記期間の経過前であっても処分を行うことができるものとします。

第26条(私物の管理)

  • 1.施設利用者は、施設利用中、自らの責任において私物の管理を行うものとします。
  • 2.施設利用者は、施設内のロッカーを使用する場合、ロッカーの鍵を自ら管理するものとします。館外へのロッカー鍵の持ち出しは禁止とします。また、本クラブはロッカー内収容物の保管について何らの保証もしません。
  • 3.施設利用者は、個人記録を記録した媒体をクラブ内に留置く場合、その管理責任を自ら負うものとします。

第27条(個人情報保護)

本クラブは、本クラブの保有する会員の個人情報を、別途定める個人情報保護方針にしたがって管理します。

第28条(諸会費の変更)

本クラブは、本会則に基づいて会員が負担すべき諸会費を、社会情勢・経済状況の変動に基づいて変更することができます。

第29条(規約等の改訂)

本クラブは、必要に応じて本規約及び本クラブが定める諸規程を改訂することがあります。

第30条(告知方法)

本規約等に関する告知は、ホームページ及び本クラブ施設内に掲示する方法により、又は届出された住所、電話番号若しくはメールアドレス宛に通知して行うものとします。

第31条(合意管轄裁判所)

本規約等に関する紛争については、東京地方裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とします。

2018年4月1日改訂
同日より施行します。

名称: Beスポーツ横浜
住所: 神奈川県横浜市港北区新横浜3-18-1

このページの先頭へ